印鑑証明とは

印鑑証明とは、必要書類に捺印された印鑑が間違いなく本人のものであるか、さらにその書類の作成者が本人であるかどうかを確かめるものです。そのためにはまずそれぞれの自治体で印鑑登録を行う必要があります。

印鑑登録はその自治体に住民登録しており、なおかつ15歳以上であれば誰でも可能ですが、登録する印鑑には規定があります。大きさが一辺8mmから25mmの正方形に収まる物で、1人1個までの登録が可能です。もちろん、自分の氏、名のどちらかか、氏、名の一部を組み合わせたもののみが登録可能です。また、ゴム印などは使用することができず、文字が切れていたり破損しているものでは登録不可能です。

登録をした印鑑で役所の書類に捺印し、手続きを済ませれば、それが印鑑証明として使用できる印鑑になります。印鑑証明を使用する機会は社会人として生活していく以上は必要になることが多く、登録した印鑑は様々な手続きに使われるために、紛失してしまったり、盗難に遭ってしまうとかなり大変です。ですから、どのような場面で印鑑証明が必要になるのかということと、もしも登録した印鑑を紛失してしまったときの対処法について今回はご紹介したいと思います。人生では何があるか分かりませんので、どちらについてもあらかじめ理解しておくと、非常にスムーズに手続きができるようになりますので、覚えておいて損はありません。ぜひとも、頭の片隅に置いて頂けると嬉しいです。