使用する場面

印鑑証明は、不動産の登録事務や公正証書の作成に義務付けられています。登録した印鑑を捺印することもありますが、多くは印鑑登録申請の際に交付された印鑑登録証を役所に持って行くことで交付してもらえる、印鑑証明書によって行われます。発行には大体300円ほどかかります。

また、就職などをした際にも印鑑証明書は必要となり、それらの契約の際に提出することになります。証明書には期限などはありませんが、多くの場合では30日以内に交付されたものを提出するように言われるので、もしものために準備しておくということには不向きです。

印鑑証明書が必要になる場面をさらに上げると、入学、会社設立、自動車の売却や廃車、遺産相続、会社設立、属性JPドメインの申請、保険金や年金の受取、保険の加入、マンションや住宅の購入と売却、住宅ローンを組む際、抵当権設定、土地の売却、などなどです。

ほとんどがお金や生活と密接なものであることが分かりますね。必要となる場合はこれ以外にもありますが、私たちの生活に深く関わるのはこれぐらいですので、もしも、上記したことを行う際には、必ず印鑑証明書、または印鑑登録をしておいた実印を用意しておくことを忘れないようにしましょう。